裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

現代産業選書 知的財産実務シリーズ ノウハウ秘匿と特許出願の選択基準およびノウハウ管理法

  • 現代産業選書 知的財産実務シリーズ ノウハウ秘匿と特許出願の選択基準およびノウハウ管理法

本体価格:3,200円 (税抜)

販売価格:3,456円 (税込)

技術的な営業秘密をノウハウとして秘匿化すべきか、特許出願すべきか?
その選択基準及び選択を適切に行うため社内体制を構築する方法を詳細に解説!

技術開発・研究開発の結果である発明を特許出願するか、営業秘密として秘匿化するかの選択は経営戦略に直結し、適切な選択を行えば自社に莫大な利益をもたらす可能性があります。逆にその選択を間違えば、単に競合他社へ自社技術を公開してしまうだけになりかねません。この選択を適切に行うためには複数の観点を組み合わせて、総合的に判断するための自社独自の選択基準や判断体制を構築する必要があります。また、ノウハウ秘匿と特許出願の選択を適切に行えば、結果的に無駄な特許出願を排除することもできます。

本書では技術的な営業秘密をノウハウとして秘匿化するか、特許出願するかの選択基準について解説しております。また、その選択を適切に行うためのシステム(社内体制)を社内に構築する方法について解説しております。さらに、ノウハウが漏洩した場合の救済措置(不正競争防止法)や先使用権についても解説しております。

知財実務者はもちろん、技術開発・研究開発のリーダーにとっても必読書となっております。
著者高橋政治・著
発行元経済産業調査会
発刊日2017/10/13
ISBN978-4-8065-3003-9
CD-ROM無し
サイズA5判 (303ページ)

数量: