裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

改訂版 事例解説 介護事故における注意義務と責任

  • 売れています!
  • 改訂版 事例解説 介護事故における注意義務と責任

本体価格:4,000円 (税抜)

販売価格:4,400円 (税込)

介護事故に適切に対応するために!

近年の裁判例の集積と、介護事故をめぐる法的紛争の変化を受けて、事例の追加と解説への大幅加筆を行った改訂版!

58件の介護事故例を発生場面により分類・整理!
関係者の注意義務と責任を判り易く解説!
緊急時の対応や再発防止のポイントにも言及!
目次
第1章 概説

第1 介護サービスの内容
 1 介護の定義
 2 介護と看護
 3 介護保険による介護
 4 施設介護と訪問介護

第2 事故の現状
 1 福祉サービスにおける危機管理に関する検討会報告書
 2 その他の調査報告書
 3 事故調査から考えられる介護事故の要因

第3 事故の予防対策(リスクマネジメント)
 1 総論
  (1) 介護事故とは
  (2) 介護過誤と介護事故
  (3) リスクマネジメント
 2 リスクマネジメントのステップ
  (1) 4ステップ
  (2) リスクの把握・確認
  (3) リスクの分析・評価
  (4) リスクの処理
  (5) リスクの再評価・検証
 3 リスクマネジメントのポイント

第4 事故発生時の対応(連絡体制、応急措置など)

第5 事故後の対応(報告、記録義務など)
 1 介護事故の種類と原因
  (1) 介護事故の種類
  (2) 介護事故の発生原因
 2 再発防止策の検討
 3 報告義務
 4 記録義務

第6 事故の責任
 1 道義的責任
 2 法的責任
  (1) 民事上の責任(損害賠償責任)
  (2) 刑事上の責任
  (3) 行政上の責任
 3 民事上の責任(損害賠償責任)
  (1) 不法行為
  (2) 債務不履行
  (3) 過失相殺等
 4 安全配慮義務
  (1) 注意義務違反
  (2) 安全配慮義務
  (3) 介護における安全配慮義務
  (4) 手段債務
  (5) 具体的事実
  (6) 不可抗力免責
 5 法的責任の限界
  (1) 介護水準
  (2) 介護の目的
  (3) 介護の理想
  (4) 介護の現実

第7 介護に関する保険
 1 総論
  (1) リスクファイナンシング
  (2) 保険に関する用語
 2 損害保険の種類
  (1) 賠償責任保険
  (2) 傷害保険
  (3) 約定履行費用保険

第2章 事例

第1 移動時の事故
 1 事故の現状
 2 事故の予防対策
  (1) 転倒事故
  (2) 車椅子に関する事故
  (3) 身体拘束の回避
 3 事故の法的責任
   1 昼寝から目覚めた後の転倒
   2 玄関における転倒
   3 個室から共同生活室への移動中の転倒
   4 歩行補助具の自己使用による転倒
   5 送迎バスを降りた直後の転倒
   6 ボランティアの歩行介助中の転倒
   7 無資格者(通行人)による歩行介助
   8 自宅療養中の患者の転倒
   9 段差のある出入口からの転落
   10 大腿部頸部骨折後の肺炎発症による死亡
   11 車椅子からの転落
   12 車椅子に移乗介助中の骨折
   13 椅子からの立ち上がりによる転倒
   14 転倒後に医療機関に搬送すべき義務

第2 食事時の事故
 1 事故の現状
 2 事故の予防対策
  (1) 誤嚥事故
  (2) 異食等
  (3) その他、食事に関連して問題となる事例
 3 事故の法的責任
  (1) 提供する食品に関する注意義務
  (2) 食事介護方法に関する注意義務
  (3) 誤嚥発生後の救急救命措置について
  (4) 事前の聞き取り調査等
   15 こんにゃくの誤嚥
   16 ロールパンの誤嚥
   17 訪問介護時の誤嚥
   18 誤嚥後の対応の遅れ
   19 食事中の義歯の飲み込み
   20 介護食事用具の破損事故
   21 賞味期限切れの食品の提供

第3 入浴時の事故
 1 事故の現状
 2 事故の予防対策
 3 事故の法的責任
   22 入浴中のてんかん発作
   23 徘徊中に一人で入浴して溺死
   24 訪問入浴サービス中のやけど
   25 訪問入浴サービス後の感染症罹患

第4 トイレ時の事故
 1 事故の現状
  (1) 歩行可能な利用者の場合
  (2) 歩行困難な利用者の場合
 2 事故の予防対策
 3 事故の法的責任
 4 介護施設における転倒・転落事故について裁判ではどのような点が問題となっているか
   26 ポータブルトイレの汚物を捨てる際の転倒
   27 トイレ付添い中止後の転倒
   28 歩行介助拒絶後のトイレでの転倒
   29 トイレ介助を一時離れた際の転倒

第5 就寝時の事故
 1 事故の現状
  (1) ベッド柵の設置が問題になった事例
  (2) 被介護者がベッドから移動しようとして発生した事例
  (3) ベッドの設置位置に問題があった事例
 2 事故の予防対策
  (1) ベッド柵の設置が不十分であったことに起因する事故
  (2) 被介護者がベッドから移動しようとしたことに起因する事故
  (3) ベッドの配置に問題があった事故
 3 事故の法的責任
  (1) 転倒・転落事故を起こす危険性について
  (2) 回避可能性について
   30 ベッドからの転落
   31 畳からベッドに変更した後の転落
   32 ミトンを使用した身体拘束
   33 ナースコールをせずに立ち上がった際の転倒
   34 湯たんぽによる低温やけど
   35 介護ベッドによる事故
   36 褥瘡の予防

第6 リハビリテーション・レクリエーション時等の事故
 1 事故の現状
 2 事故の予防対策
 3 事故の法的責任
   37 リハビリテーション中の骨折事故
   38 リハビリテーション中の転倒
   39 ガーデニング中の熱中症
   40 デイルームでの利用者間のトラブル
   41 介護施設からの無断外出
   42 家族による食べ物の差し入れ
   43 入所者の異食による病院搬送
   44 他の入所者の薬の誤配

第7 その他の介護中の事故
 1 事故の現状
 2 事故の予防対策
 3 事故の法的責任
   45 原因不明の表皮剥離
   46 MRSAによる感染症罹患
   47 褥瘡の発見
   48 耳垢塞栓の除去
   49 自治体の福祉給付を受けた介護職員による窃盗
   50 洗濯物の紛失
   51 訪問介護における物的損害
   52 介護タクシーによる交通事故

第8 施設管理・運営上の事故
 1 事故の現状
  (1) 物的管理
  (2) 人的管理
  (3) 情報管理
  (4) 金銭管理
 2 事故の予防対策
  (1) 物的管理
  (2) 人的管理
  (3) 情報管理
  (4) 金銭管理
 3 事故の法的責任
   53 施設の設備の設置
   54 窓の開放制限措置
   55 被介護者の自殺防止
   56 被介護者からのセクハラ行為
   57 施設における個人情報の保護
   58 利用料不払による契約解除
著者古笛恵子・編著
発行元新日本法規
発刊日2019/05/17
ISBN9784-7882-8575-0
CD-ROM無し
サイズA5判 (394ページ)

数量: