裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

電子証拠の理論と実務〔第2版〕─収集・保全・立証─

  • 売れています!
  • 電子証拠の理論と実務〔第2版〕─収集・保全・立証─

本体価格:4,400円 (税抜)

販売価格:4,840円 (税込)


・電子メール、ウェブサイト、SNS、携帯電話、GPS装置等訴訟手続での電磁的記録・記録媒体の取扱いを提示!

・民事裁判IT化での原本性確認のあり方の章を全面改稿し、発信者情報開示請求での電子証拠活用の新章を設け、最新の実務動向に対応できるよう技術の進歩、法令改正の動向等も踏まえて5年ぶりに改訂!

・裁判官・弁護士・検察官・警察官が証拠能力、原本性、成立の真正、電子署名、デジタル・フォレンジック技術の活用等、実務のあり方を提示し、研究者が米・独・仏各国の制度を解説!

目次
第1章  総論――証拠法における電子証拠の取扱い
第2章  電子証拠をめぐる比較法
第3章  民事訴訟の電子証拠とIT化――デジタル・フォレンジックの視点
第4章  インターネット関連裁判における電子証拠の活用
第5章  民事訴訟における電子証拠の取扱い
第6章  刑事訴訟における電子証拠の取扱い
著者町村泰貴/白井幸夫/櫻庭信之・編
発行元民事法研究会
発刊日2021/12/03
ISBN978-4-86556-468-6
CD-ROM無し
サイズA5判 (403ページ)

数量: