裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

国家賠償訴訟〔改訂版〕 (リーガル・プログレッシブ・シリーズ 13)

  • 売れています!
  • 国家賠償訴訟〔改訂版〕 (リーガル・プログレッシブ・シリーズ 13)

本体価格:3,800円 (税抜)

販売価格:4,180円 (税込)


ますます充実!! 国家賠償訴訟入門の決定版!
裁判官が,国家賠償訴訟の特殊な実務上の解釈・運用について,各問題点ごとに,裁判例を分析しながら,わかりやすく解説!
●重要な最高裁判例をフォローし,判例の到達点を明示
●情報提供義務違反に基づく国家賠償請求について検討
●改正民法に対応

書籍内容
第 1 章 国家賠償訴訟の現代的意義と適用範囲
Ⅰ国家賠償訴訟の意義
   1 .国家賠償の意義
   2 .国家賠償訴訟の機能
 被害者救済機能
 適法性統制機能
 行政訴訟補完機能
 政策形成的機能
Ⅱ国家賠償法に基づく損害賠償請求権の性質及び歴史的沿革
   1 .国家賠償法に基づく損害賠償請求権の性質
   2 .大日本帝国憲法下での国家賠償
 国家無答責の原則
 国家無答責の原則の適用
   3 .国家賠償制度に近接した制度
 損 失 補 償
 安全配慮義務と国家賠償制度
   4 .本書の構成
 国家賠償訴訟の始まり
 当事者及び裁判所がまず検討する事項
 論述の順序について

第 2 章 国家賠償法 1 条関係事件の要件事実
Ⅰ概  要
   1 .不法行為法の特別法
   2 .使用者責任との相違
   3 .責任の性質  自己責任か代位責任か
   4 .国家賠償法 1 条 1項関係事件の要件事実
Ⅱ国又は公共団体の公務員
   1 .国又は公共団体の意義
 概  説
 普通地方公共団体
 公共組合
 特殊法人
 行政機関に対する国家賠償請求
   2 .公 務 員
 公務員の意義
 公務員の特定
Ⅲ公 権 力 性
   1 .公権力の行使の意義
   2 .公権力の行使の意義についての見解
   3 .行政指導と公権力性
Ⅳ職務関連性
Ⅴ行 為 性
Ⅵ故意又は過失
   1 .過失責任主義
   2 .過失の意義
 客観的な義務違反 
 過失を客観的に捉えることの効果
 組織的な過失
   3 .過失と違法性の関係
   4 .法の解釈の争いと公務員の過失
Ⅶ違 法 性
   1 .違法性の意義
 不法行為法との差異
 保護されるべき権利,利益
 違法性判断の基準
 違法性判断の基準時
   2 .取消訴訟との関係
 取消訴訟の排他的管轄と国家賠償訴訟
 取消訴訟の違法性と国家賠償訴訟の違法性
     (違法性一元説と違法性相対説)
 抗告訴訟の判決の既判力と国家賠償
   3 .規制権限不行使の違法
 問題の所在  
 規制権限不行使の違法についての考え方 
 判例の立場
Ⅷ損害及び因果関係
   1 .損害及び因果関係の意義
   2 .因果関係の立証
   3 .損害の特殊な問題
 差額説と立証の困難な損害
 人格的な利益の侵害に基づく損害の問題
Ⅸ民法の適用  過失相殺・消滅時効
   1 .民法の規定
   2 .過失相殺
   3 .消滅時効
 消滅時効についての民法の改正
 短期の消滅時効の起算点
 遅延損害金
Ⅹ類型別考察
   1 .総  論
   2 .国  会
 問題の所在等  
 判例の動向  判断基準  
 内閣の法案提出  
 国会の質疑と名誉毀損  
   3 .司法作用及びその関連する領域
 裁 判 官  
 裁判所書記官, 執行官及び公証人  
 検 察 官  
 警 察 官  
 弁護士法23条の 2 に基づく照会と回答  
   4 .登記及び矯正関係
 不動産登記
 矯正関係
   5 .厚生関係
 薬害訴訟
 予防接種  
   6 .学校事故
 はじめに  
 学校事故に対する国家賠償法の適用の可否  
 教師等の学校関係者の故意, 過失  
 体  罰  
   7 .行政指導
 行政指導の意義と行政手続法の規制  
 行政指導の違法性  
 行政指導の法的規制  
   8 .情報の公表・提供
 はじめに  
 情報提供(公表)による損害
 情報提供義務の違反

第 3 章 国家賠償法 2条関係事件の要件事実
Ⅰ概  説
Ⅱ公の営造物
   1 .公の営造物の意義
   2 .動  産
   3 .自然公物
   4 .普通財産
   5 .事実上管理するもの
Ⅲ設置, 管理の意義
Ⅳ営造物の設置・管理の瑕疵
   1 .営造物の設置・管理の瑕疵の意義
   2 .事故発生の予見可能性もしくは事故発生の回避可能性
   3 .供用関連瑕疵
 供用関連瑕疵の意義と判例の動向
 供用関連瑕疵と違法性の判断基準としての受忍限度論
   4 .侵害行為の公共性
   5 .危険への接近
   6 .国家賠償法 1 条 1 項との関係
 問題の所在
 国家賠償法 1 条 1 項の責任と営造物責任の境界
Ⅴ類型別考察
   1 .河  川
 管 理 者  
 水難事故  
 水害訴訟における河川の設置又は管理の瑕疵の意義  
 損  害  
   2 .道  路
 道路の設置又は管理の瑕疵  
 損  害  
   3 .空港・基地訴訟
 管 理 者  
 空港訴訟  
 基地訴訟  

第 4 章 賠償責任者・求償   
Ⅰ賠償責任者251
   1 .国家賠償法 1 条 1 項, 2 条 1 項の損害賠償の責任主体
   2 .費用負担者の責任
Ⅱ公務員個人に対する損害賠償請求の可否
   1 .国家賠償法 1 条 2 項による求償
   2 .国家賠償法 2 条 2 項による求償
   3 .国家賠償法 3 条 2 項による求償

第 5 章 訴えの提起とその審理   
Ⅰ民事訴訟法の適用
Ⅱ訴えの提起
   1 .訴状の必要的記載事項
   2 .請求の趣旨と請求原因の記載方法
   3 .請求の理由
   4 .添付書類
Ⅲ当 事 者
   1 .原  告
   2 .被  告
Ⅳ代表者・代理人
   1 .弁護士・司法書士
   2 .指定代理人
   3 .公共団体
Ⅴ審  理
   1 .訴状の審査
 訴えの提起と補正の促し
 加害行為の特定等と訴状審査のあり方
   2 .送達を受けた被告の対応
   3 .損失補償請求訴訟との併合の可否
   4 .被収容者からの国家賠償請求についての訴訟審理
 問題の所在  
 審理上の工夫  
 文書提出命令の申立てへの対応
Ⅵ集団訴訟における審理
   1 .問題の所在
   2 .大規模訴訟等に関する特則
 大規模訴訟の意義
 受命裁判官による人証調べ 
  5人の裁判官による合議体 
 審 理 計 画 
   3 .損  害
Ⅶ証  拠
   1 .主張立証責任
   2 .文書提出命令
 国家賠償訴訟における文書提出命令  
 法律関係文書該当性と除外事由の優劣
 公務員の職務上の秘密と文書提出命令
 刑事事件の訴訟資料と文書提出命令
   3 .人  証
Ⅷ終  了
   1 .判  決  
 国家賠償訴訟における判決の意義
 仮執行宣言
   2 .和  解
   3 .執  行


第 6 章 相互保証主義
Ⅰ相互保証主義の意義
Ⅱ外 国 人
   1 .外国人の意義
   2 .分裂国家
Ⅲ相互保証の意義
Ⅳ訴訟上の位置づけ

事項索引/判例索引
著者深見敏正・著
発行元青林書院
発刊日2021/01/18
ISBN978-4-417-01804-9
CD-ROM無し
サイズA5判 (342ページ)

数量: