裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

大コンメンタール刑法(第3版)第12巻 第230条~第245条

  • 売れています!
  • 大コンメンタール刑法(第3版)第12巻 第230条~第245条

本体価格:11,500円 (税抜)

販売価格:12,650円 (税込)

■解説
◆我が国最大級の刑法典注釈書。第二版完結から7年余り,待望の[第三版]
 刊行開始!
◆全13巻に改訂・増補を施し,現行刑法典の全容を解明する!
◆精鋭執筆陣が進展する学説と蓄積する判例を網羅的に検討し,関連諸法令の
 動向も踏まえ,実務と理論研究の架橋をめざす!  
■書籍内容
第2編 罪
第34章 名誉に対する罪
〔第230条~第232条 前注〕
第230条(名誉毀損)
第230条の2(公共の利害に関する場合の特例)
第231条(侮辱)
第232条(親告罪)

第35章 信用及び業務に対する罪
〔第233条~第234条の2 前注〕
第233条(信用毀損及び業務妨害)
第234条(威力業務妨害)
第234条の2(電子計算機損壊等業務妨害)

第36章 窃盗及び強盗の罪
〔第235条~第245条 前注〕
第235条(窃盗)
第235条の2(不動産侵奪)
〔強盗罪の前注〕
第236条(強盗)
第237条(強盗予備)
第238条(事後強盗)
第239条(昏酔強盗)
第240条(強盗致死傷)
第241条(強盗・強制性交等及び同致死)
第242条(他人の占有等に係る自己の財物)
第243条(未遂罪)
第244条(親族間の犯罪に関する特例)
第245条(電気)
著者大塚 仁/河上和雄/中山善房/古田佑紀・編
発行元青林書院
発刊日2019/11/12
ISBN978-4-417-01780-6
CD-ROM無し
サイズA5判上製ケース入 (602ページ)

数量: