裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

増補新装版 共生の作法 会話としての正義

  • 増補新装版 共生の作法 会話としての正義

本体価格:3,000円 (税抜)

販売価格:3,300円 (税込)


なぜ、エゴイストであってはいけないのか? この素朴な問いかけの根源性を自覚し、正義の探究は始まった。35年を経て増補版刊行!

「現代日本社会のなかでの正義を原寸大の姿において問いなおし、異質な自律的人格の共生という社交体の理念を求めて「会話としての正義」の構想を提示する、現代自由学芸の騎士による挑戦の書」として若き日の著者のもとで誕生し、サントリー学芸賞を受賞した本書。35年後の増補論考を加え、いまあらためて「正義」に向き合う。

目次
まえがき

第一章 正義論は可能か
 一 「セーギの味方」
 二 「正義よりも平和を」
 三 階級利害還元論
 四 相対主義
 五 「それで?」

第二章 エゴイズム──倫理における個と普遍──
 一 正義と不正
 二 形式的正義の「内容」
 三 正義とエゴイズム
 四 ディケーの弁明

第三章 現代正義論展望
 一 問題状況
 二 正義の概念
 三 正義理論の諸類型
 四 論争への招待

付説一 内在的制約説について
付説二 規範経済学の新展開──塩野谷祐一氏の近著に寄せて──

第四章 リベラリズムと国家──社会契約説の可能性と限界──
 一 国家論と正義論の接点
 二 自然状態モデルの構造
 三 自然状態モデルと契約モデルとの関係
 四 契約モデルは無用か
 五 合意モデルの再構成──ロールズとノーズィックの場合──
 六 自律と他律

第五章 会話としての正義──リベラリズム再考──
 一 「正義嫌い」と「リベラル好き」
 二 リベラリズムにおける正義の基底性
 三 社交体と会話──リベラリズムの社会像──

[増補] 三五年後の「共生の作法」──私の法哲学的原点へ──
 一 反時代的精神の挑戦
 二 価値相対主義の倒錯を正す
 三 正義概念の批判的再編──自己の恣意と欺瞞を裁く理念としての正義
 四 民主国家を破壊する狂気の暴走──いまこそ「共生の作法」としての正義へ

索 引
著者井上達夫・著
発行元勁草書房
発刊日2021/04/19
ISBN978-4-326-40390-5
CD-ROM無し
サイズA5判上製 (311ページ)

数量: