裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

新版 現代日本法へのカタバシス

  • 新版 現代日本法へのカタバシス

本体価格:7,800円 (税抜)

販売価格:8,580円 (税込)

入手困難だった異色の表題作が甦る。
しかも、民事法にくっきり主題を絞る本に生まれ変わる。

ゆるがぬ基本は〈個人の自由〉。その自由な個人と個人とが、互いに 相手に全幅の信頼を置き、善意に基づき経済活動を行う社会。
著者の高度なローマ法研究はこれまでもつねに今日を鋭く照射してきたが、 敢えて「専門の外に出」て、本書で降り立つ(カタバシス)先は、現代日本の 混乱の坩堝。なぜなら、「民事法こそは法のコア」(はしがき)。
旧版の半分が差し替わり、組合論(単行本未収)・委任論(書き下ろし)・「『ローマ法案内』補遺」改題全面改稿の、 いずれも長文3論考を新たに収める大幅改訂の決定版。
法学教育への深い思いと、将来の若い世代にかける明るい期待とが全篇の底を流れる。
著者木庭 顕・著
発行元みすず書房
発刊日2018/10/10
ISBN978-4-622-08707-6
CD-ROM無し
サイズA5判上製 (313ページ)

数量: