裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

「債権法改正」の文脈 新旧両規定の架橋のために

  • 「債権法改正」の文脈 新旧両規定の架橋のために

本体価格:11,000円 (税抜)

販売価格:12,100円 (税込)

平成29年民法改正の重要論点について,従来の学説・判例法の展開に留意しつつ,審議過程での議論を詳細に跡付ける。かくして得られた新規定の立体的な理解は,今後の解釈論の重要な出発点となろう。法学教室での連載に加筆するとともに債権譲渡の章を書き下ろした。

目次
序 章 はじめに
第1章 錯 誤
第2章 契約の解釈
第3章 約款規制
第4章 意思表示制度
第5章 代理制度
第6章 履行請求権
第7章 債務不履行賠償の要件論
第8章 売主の担保責任
第9章 損害賠償の範囲
第10章 解除と危険負担
第11章 詐害行為取消権
第12章 相 殺
第13章 債権譲渡
結 章 結びにかえて
著者森田 修・著
発行元有斐閣
発刊日2020/10/16
ISBN978-4-641-13839-1
CD-ROM無し
サイズA5判上製 (810ページ)

数量: