裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

実務が変わる! Q&A 民事裁判手続IT化

  • 売れています!
  • 実務が変わる! Q&A 民事裁判手続IT化

本体価格:3,300円 (税抜)

販売価格:3,630円 (税込)


加速する“デジタル化社会"の中、民事裁判制度の変化にいち早く対応!!
令和3年2月公表の「中間試案」を盛り込んだ最新内容!!

○今後の民事裁判実務は何が変わるのか、知っておきたい実務のポイントを48のQ&Aでわかりやすく解説。

○法制審議会民事訴訟法(IT化関係)部会で取りまとめられた「中間試案」を盛り込み、最新の制度を余す
ことなく解説。 今後変化する裁判実務に対応した実践的手引書。

目次

第1章 民事裁判手続のIT化の概要(7問)
第2章 申立て・送達手続のIT化(オンライン申立て,濫用的な訴え防止策,システム送達)(7問)
第3章 口頭弁論期日のIT化(当事者の出頭、新たな訴訟手続の創設)(6問)
第4章 弁論準備手続のIT化(準備書面の提出、ウェブ会議)(6問)
第5章 証拠取扱い手続のIT化(電子文書の証拠調べ、書証の提出、ウェブ会議等による証人尋問・検証、
事件管理システムを通じた鑑定等の提出)(8問)
第6章 判決・和解手続のIT化(判決の電子データによる作成・電子署名、判決のシステム送達、ウェブ
会議による和解)(8問)
第7章 その他の手続のIT化(訴訟記録の閲覧,通常抗告の即時抗告化,手数料の電子納付)(6問)
著者東京弁護士会法友会・編
発行元ぎょうせい
発刊日2021/04/01
ISBN978-4-324-10948-9
CD-ROM無し
サイズA5判 (280ページ)

数量: