裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

失敗事例でわかる! 民事保全・執行のゴールデンルール30

  • 売れています!
  • 失敗事例でわかる! 民事保全・執行のゴールデンルール30

本体価格:2,400円 (税抜)

販売価格:2,640円 (税込)

こうすれば上手くいく! 弁護士が身につけておきたい、民事保全・執行30の鉄則!

苦手意識を持つ弁護士が多い民事保全法・民事執行法。
知識不足や見通しの甘さが原因となって、様々なしくじりが起こる。

本書は、「裁判官に間違いを指摘されて恥を掻いた」という小さな失敗から、
「予想外の費用がかかって依頼者の不興を買った」という苦い失敗、
さらには「間違った知識のため、お金を全額回収できなかった」という弁護過誤レベルの大失敗まで、
弁護士が気をつけたい失敗事例を示しながら、保全・執行の実務を解説!

そして、同じ失敗をしないために、これだけは知っておきたい心構えを、30のゴールデンルールとして紹介した!

目次

第1章 保全事件の申立てにまつわる失敗

1 逆から考えろ〈回収・執行可能性〉
  失敗事例 完全勝訴なのにお金を取れない

2 「権利」より「必要性」〈保全の必要性〉
  失敗事例 被保全権利だけでは不十分

3 面接の作法に気をつけろ〈実務の運用〉
  失敗事例 裁判官面接でしどろもどろ

4 金は予想外にかかるよ〈登録免許税〉
  失敗事例  「追加で20万円、ご用意いただけますか……」

5 担保の額を見誤るな〈担保額の基準〉
  失敗事例 想定外の担保額

6 近くの供託所で供託〈管外供託〉
  失敗事例 無意味に札幌から名古屋まで飛ぶ羽目に

7 担保が返ってこない〈担保取消し〉
  失敗事例 「先生、負けても戻ってくるって言いましたよね?」

8 再抗弁はせり上げよ〈保全事件の要件事実〉
  失敗事例 訴訟とは違った……

9 保証人には気をつける〈二段の保全不足〉
  失敗事例 主債務者を忘れていた

第2章 不動産の仮差押え、競売事件にまつわる失敗

10 欲張るな〈超過仮差押えの禁止〉
   失敗事例 仮差押えが認められたのは一部物件だけ

11 欲張れ〈超過売却の禁止〉
   失敗事例 慎重さが裏目に

12 判決があっても仮差押え?〈債務名義と保全事件〉
   失敗事例 そこは気付かなければ

13 未登記でも押さえてしまえ〈特殊な物件の差押え〉
   失敗事例 知識不足で三振アウト

14 登記情報は前日に取れ〈最新情報の重要性〉
   失敗事例 1 ヶ月以内のものであれば可、じゃないの?

15 3点セットはすぐに取れ〈開始決定後の事件管理〉
   失敗事例 情報の取得遅れでしくじり

16 横取りされる〈優先債権に注意〉
   失敗事例 マンション管理費・修繕積立金は先取特権

17 差押物件でも諦めない〈配当要求〉
   失敗事例 貪欲にいけば回収できたのに……

第3章 債権等の仮差押え、執行事件にまつわる失敗

18 債権仮差押えは一工夫〈債権仮差押えの保全の必要性〉
   失敗事例 不動産調査をしなかった

19 請求債権は割れ〈請求債権の割り付け〉
   失敗事例 単純割りなんてしなければ

20 株式は債権執行?〈特殊な財産権の強制執行〉
   失敗事例 ちょっとの手間をおしんだため

21 自ら動かなければ取れないよ〈債権差押えの換価方法〉
   失敗事例 なまけてはダメ

22 権利がとんだ〈転付命令のメリット・デメリット〉
   失敗事例 破綻のリスクを忘れない

23 動産執行はバクチ〈動産差押え〉
   失敗事例 家まで行って収穫ゼロ

24 財産開示請求は使えない?〈旧民事執行法の財産開示請求〉
   失敗事例 債務者が来ない

第4章 仮処分、明渡執行事件等にまつわる失敗

25 やっぱ仮処分でしょう〈当事者恒定効〉
   失敗事例 まさかの執行不能

26 2週間を厳守せよ〈保全執行〉
   失敗事例 期間の徒過でやり直し

27 仮処分を怠ると〈処分禁止仮処分と登記〉
   失敗事例 訴訟がすべて水の泡

28 労働審判より速いかも〈仮地位仮処分の使いどころ〉
   失敗事例 もっとスピーディな解決があった

29 退去請求を忘れるな〈建物退去土地明渡請求事件〉
   失敗事例 「この債務名義は執行不能です」

30 執行の費用は高い〈明渡しの執行と費用〉
   失敗事例 見積書の数字に目が点

余禄 改正民事執行法の概要
著者野村 創・著
発行元学陽書房
発刊日2020/03/05
ISBN978-4-313-51175-0
CD-ROM無し
サイズA5判 (205ページ)

数量: