裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

新債権法に基づく 建設工事請負契約約款作成の実務

  • 売れています!
  • 新債権法に基づく 建設工事請負契約約款作成の実務

本体価格:4,500円 (税抜)

販売価格:4,950円 (税込)


2020年4月施行の改正民法(債権法)を踏まえ、国土交通省の中央建設業審議会が作成する建設工事標準請負契約約款が改正されました。
本書は、法改正による建設業への影響や、建設工事標準請負契約約款に基づいた建設工事請負契約約款の作成の留意点等をわかりやすく解説しています。また、解説した内容を踏まえた条項例とモデル契約約款を掲載しています。
弁護士や建設工事の契約に携わる実務家必読の1冊です。

目次

●建設工事請負契約約款と法改正(建設工事請負契約と約款、建設工事請負契約で用いる約款の種類、法改正が建設業に及ぼす影響)
●建設工事請負契約約款のチェックポイント(総論的問題、権利義務の承継、施工体制・施工管理、履行の確保、条件等の変更、損害、請負代金の支払等に関する問題、履行遅滞・違約金・損害賠償、契約不適合責任、契約の終了、倒産、下請負、紛争の処理、その他の問題)
●モデル契約約款
著者東京弁護士会 法友全期会・編著
発行元日本法令
発刊日2021/02/12
ISBN978-4-539-72815-4
CD-ROM無し
サイズA5判 (583ページ)

数量: