裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

製造物責任法の論点と解釈―詳解・分析「欠陥」「証明」の裁判例

  • 製造物責任法の論点と解釈―詳解・分析「欠陥」「証明」の裁判例

本体価格:4,500円 (税抜)

販売価格:4,950円 (税込)


▼何が「欠陥」か? 何を「証明」すべきか?
▼制定施行から25年を超える製造物責任法。蓄積された裁判例を法の中核的要件である「欠陥」の法的意義、その証明問題に絞り、平野教授が徹底的に分析、解説する。
▼300を超える判例を分析した、実務家・企業担当者・消費者団体をはじめ、製造物の実務・法務にかかわる全ての人に向けた必読参考書!

【目次】

はしがき/凡例

序章

第1章 欠陥をめぐる裁判例の概説

第2章 欠陥の意義と分析
I 総論的考察――違法性要件としての「欠陥」
II 欠陥をめぐる裁判例の整理・分析
III 欠陥の意義とその分析

第3章 欠陥及び因果関係の証明についての裁判例
I 総論的考察
II 製造物責任法制定後の欠陥及び因果関係の証明をめぐる裁判例
A 製品からの出火が問題となった事例
B 製品による低温火傷が問題になった事例
C 製品の亀裂、切断等による事故
D その他の事故

第4章 欠陥及び因果関係の証明についての考察
I 欠陥及び因果関係の証明についての判例の一般論
II 判例を参考とした各論的分析
III 欠陥またその出荷時の存在、欠陥と被害との因果関係の証明についての検討
IV 本書の立場と立法論について

結章

事項索引/判例索引
著者平野裕之・著
発行元慶應義塾大学出版会
発刊日2021/11/22
ISBN978-4-7664-2782-0
CD-ROM無し
サイズA5判 (540ページ)

数量: