裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

司法はこれでいいのか。 裁判官任官拒否・修習生罷免から50年

  • 司法はこれでいいのか。 裁判官任官拒否・修習生罷免から50年

本体価格:2,000円 (税抜)

販売価格:2,200円 (税込)


1960年代後半から、民意を反映する判決を書く裁判官に対する最高裁事務総局による転勤先や報酬額を巡る嫌がらせが横行するようになる。その象徴的な事件が、1971年4月5日の司法修習終了式で起こった阪口徳雄氏の修習生罷免であった。半世紀前に、裁判官任官拒否、修習生罷免を体験したことは法律家たちに厳しい試練の時を刻んだ。しかし青年たちは苦難を乗り越え、法曹資格を回復し、多様性豊かに人々の希望を開いた。本書は、その群像の記録である。一人でも多くの読者に、良心という力のメッセージを届けたい。


司法が骨抜きにされたターニングポイントを克明に記録し、苦難を乗り越えて希望を開いた法律家たちの群像を活写する!

【主要目次】

第1章 任官拒否、修習生罷免、そして法曹資格回復
第2章 群像――1971年春 
     本田雅和(ジャーナリスト)
第3章 生涯と生きがいを語る
第4章 司法官僚――石田和外裁判官の戦後
     西川伸一(明治大学政治経済学部教授)
著者23期・弁護士ネットワーク・著
発行元現代書館
発刊日2021/04/08
ISBN978-4-7684-5897-6
CD-ROM無し
サイズ四六判 (367ページ)

数量: