裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

介護事業のここが知りたい 運営と経理の実務

  • 介護事業のここが知りたい 運営と経理の実務

本体価格:2,500円 (税抜)

販売価格:2,750円 (税込)


介護保険は2000年の制度開始以来様々な改正が行われてきました。直近では、LIFE(科学的介護情報システム)の活用、BCP(事業継続計画)の策定といった現場でのサービス提供以外のシステム対応等が求められているほか、介護テック、組織・仕組づくり、ICT活用など介護事業を取り巻く環境は激変しています。

本書では、第1編で介護事業の運営について、直近の改正概要を説明したうえで、介護保険事業運営の具体例をQ&A形式で詳細に解説しています。この Q&Aでは、関連するサービスごとにアイコンを付しているので、どのサービスについて解説されているのかが一目瞭然です。さらに今後の介護業界の新たな動きについても、組織・仕組づくりや人材不足への対応を含めて説明します。第2編では介護事業の経理について、法令で求められる計算書類(財務諸表)の作成に必要な区分経理の方法、勘定科目、共通費用の配分といった会計処理を詳細に解説します。さらに、介護事業経営を健全に行えているかを判断するため、財務分析についてその方法と分析値の見方について説明し、介護事業に関わる法人税、消費税、源泉所得税、印紙税といった税務についても解説しています。

運営編、経理編ごとにイラストでまとめた「早わかり案内図」を折り込み付録で付しているほか、「アイコン別早わかり案内図」を利用して関連事項を探すこともできます。

介護事業に携わる方に最適の一冊です。

主要目次

第1編 介護施設運営
第1章 介護保険制度
 第1節 介護保険法~令和3年度施行法改正の概要~
第2章 介護保険事業運営Q&A(全81問)
 ・認知症に係る取組と加算
 ・看取り期における本人の意思に沿ったケアの充実
 ・居宅介護支援介護費
 ・生活援助の訪問回数の多い利用者等のケアプランの検証
 ・感染症対策の強化
 ・LIFE情報の収集・活用とPDCAサイクルの推進
 ・電磁的な記録の「作成」と「保存」
 ・認知症専門ケア加算等
 ・リハビリテーションマネジメント加算
 ・寝たきり予防・重度化防止のためのマネジメントの推進
 ・有床診療所から介護医療院への移行促進
 ・小規模多機能型居宅介護の登録定員超え
 ・多職種連携における管理栄養士の関与の強化
 ・テクノロジーの活用によるサービスの向上・業務効率化 など
第3章 介護業界の新たな動き
第1節 これからの介護業界はどうなる?
第2節 組織・仕組づくりについて
第3節 人材不足対応

第2編 介護事業の経理
第1章 介護サービスの種類と収益構造
第1節 介護保険制度の概要
第2節 介護サービスの種類
第3節 介護サービスの収益構造 
第2章 介護事業の会計処理
第1節 介護サービス事業の区分経理
第2節 勘定科目
第3節 費用の配分(按分)
第3章 介護事業の財務分析
第1節 財務分析の概要
第2節 具体的な財務分析
第4章 介護事業の税務
第1節 法人税
第2節 消費税
第3節 源泉所得税
第4節 印紙税
著者楠元睦巳/田中正明・著
発行元税務研究会
発刊日2022/05/16
ISBN978-4-7931-2672-7
CD-ROM無し
サイズA5判 (375ページ)

数量: