裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

明日、大丈夫シリーズ 明日相談を受けても大丈夫! ハラスメント事件の基本と実務 モデルストーリーとその実務、書式と裁判例

  • 売れています!
  • 明日、大丈夫シリーズ 明日相談を受けても大丈夫! ハラスメント事件の基本と実務 モデルストーリーとその実務、書式と裁判例

本体価格:2,900円 (税抜)

販売価格:3,132円 (税込)

「ハラスメント事件の基本・実務をおさえる」ための一冊
モデルストーリーから対応すべき事件の流れがわかる!

● ハラスメント事件を多く手掛ける弁護士が、「どう対応するか」に答えた一冊。
● 実務の流れをイメージできるようモデルストーリーを掲げたうえで、ハラスメント事件の構造、実務の概要、主要な論点を書式・裁判例を交えてコンパクトに解説。
● ハラスメントが起こった時に会社がどのような責任を負うのか、ヒアリング・対応方法についても詳しく解説。
● 行為態様で慰謝料額等が一目でわかる、159のハラスメント裁判例一覧つき。

各場面で弁護士が行う実務とポイントがわかる!
設例、書式例、図解を多数交えることでよりわかりやすく、具体的なイメージをもてる!

目次
第1章 ハラスメント事件の概要(モデルストーリー)
 第1節 モデルストーリー1(セクハラ事案)
 第2節 モデルストーリー2(パワハラ事案)
 第3節 モデルストーリー3(マタハラ事案)
第2 章 ハラスメントの基礎知識
 第1節 代表的なハラスメント
  第1 セクシュアル・ハラスメント
  第2 パワー・ハラスメント
  第3 妊娠・出産, 育児休業等に関するハラスメント
 第2節 その他のハラスメント
第3章 実務 受任からの流れ( 相談, 交渉, 訴訟等)
 第1節 ハラスメントにおける関係者の法律関係と法的手続
  第1 ハラスメントにおける関係者の法律関係
  第2 派遣・出向, グループ会社におけるハラスメントの法律関係
  第3 紛争解決手続の選択
 第2節 被害者側
  第1 対応の流れ
  第2 事実関係, 証拠, 要望事項の確認における留意点
  第3 行為者に対する対応
  第4 事業主に対する対応
 第3節 行為者( その旨主張された側)
  第1 対応の流れ
  第2 事実関係のヒアリング・被害者の請求の確認
  第3 被害者・事業主に対する弁明
  第4 被害者との交渉
  第5 懲戒処分・人事措置などの処分がなされた後の対応
  第6 その他
 第4節 事業主側
  第1 対応の流れ
  第2 ハラスメント行為の探知
  第3 迅速かつ適切な防止措置の実施
第4章 書式編
第5章 裁判例編
 第1節 セクハラ裁判例
 第2節 パワハラ裁判例
 第3節 マタハラ裁判例


著者横山佳枝/倉田梨恵・著
発行元日本加除出版
発刊日2019/08/02
ISBN978-4-8178-4571-9
CD-ROM無し
サイズA5判 (272ページ)

数量: