裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

難民研究ジャーナル第9号 特集 紛争と難民―コンゴ民主共和国から考える

  • 難民研究ジャーナル第9号 特集 紛争と難民―コンゴ民主共和国から考える

本体価格:2,200円 (税抜)

販売価格:2,420円 (税込)

近年、紛争や暴力、迫害により移動を強いられる人は、世界で増加している。2018年には、その数は史上最大の7080万人にもなった。これらの人々の出身国には多くのアフリカ諸国が含まれるが、その中でも、紛争が続くコンゴ民主共和国からの難民の数は多い。2009年以降毎年40万人を超え、2018年には85万人にも及んだコンゴ難民を取り巻く状況から、紛争と難民の問題を考える。

【特集 紛争と難民――コンゴ民主共和国から考える】
◎企画趣旨〈難民研究フォーラム企画編集委員会〉

[論文]コンゴ民主共和国の歴史と紛争―難民発生要因の見取り図〈武内進一〉

[論文]コンゴ民主共和国における鉱物採掘と紛争―資源とくらす人々〈華井和代〉

[論文]南アフリカ共和国における難民受入れの現状と課題―コンゴ民主共和国出身者の実態を中心として〈佐藤千鶴子〉

[報告]ノーベル平和賞受賞デニ・ムクウェゲ医師来日講演会―紛争下の性暴力発生の構造的要因と根絶に向けた実践〈難民研究フォーラム事務局〉

[投稿論文]⽶国の難⺠認定⼿続におけるDV被害者の位置付け―トランプ政権下での展開に注⽬して〈中山弘子〉


【若手難民研究者奨励賞】
◎若手難民研究者奨励賞とは

[論文]タイにおけるミャンマー避難民・移民支援と武装勢力―シャン人武装勢力RCSS/SSAと隣国で活動するNGO/CSO〈岡野英之〉

[論文]スペクタクルとしての難民演劇―現代ドイツ・ハンブルク公共劇場による難民問題関与に関する一考察〈北岡志織 〉

[論文]パキスタンにおけるアフガニスタン人難民の社会統合―難民の社会統合に関する一考察〈佐藤滋之〉

[論文]「難民のため」の支援とその課題―イタリアの民間難民施設の隔離と支援=管理メカニズム〈山田光樹〉
著者難民研究フォーラム・編
発行元現代人文社
発刊日2020/03/26
ISBN978-4-87798-758-9
CD-ROM無し
サイズB5判 (176ページ)

数量: