裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

最高裁に告ぐ

  • 売れています!
  • 最高裁に告ぐ

本体価格:1,700円 (税抜)

販売価格:1,836円 (税込)

ツイッターをやめるか,裁判官を辞めるか.自らの関与しない訴訟記事を紹介したツイートが原因で,現職の判事が「分限裁判」(裁判官の懲戒などに関する裁判)にかけられ,最高裁判事と対峙することに――.前代未聞の事態の当事者となって体験したこと,そこから見つめ直した司法,そして社会の現実を,平易な筆致で綴る.
なぜSNSを続けるのか.どうして「白ブリーフ判事」と呼ばれるようになったのか.最高裁,そして裁判所の変質の背景には何があるのか.この時代に,裁判官に本当に期待されることとは何なのか…….司法の未来を考えるために必読の書.
プロローグ

第Ⅰ部 前史――私はいかにしてSNSを始めたのか
 1 法律情報ポータルサイトを立ち上げる
 2 SNS雑感――自分を「落とす」仕掛け
 3 白ブリーフ判事と呼ばれるまで
 4 二度目の厳重注意処分
 5 ツイッターをやめるか,それとも,裁判官を辞めるか
 6 ひとつの背景――裁判官訴追委員会の動き

第Ⅱ部 「分限裁判」とは何だったのか
 1 そして,裁判が始まった
 2 当事者となって知った手続保障の現実
  一 漠然とした申立て
  二 役割を放棄した最高裁
 3 弁護団とともに審問期日へ
 4 記者会見に臨む――「不意打ち」のあとで
 5 全員一致の決定
 6 分限決定を見る
  一 不可思議な事実認定
  二 ツイッターの特性に対する無理解
  三 スルーされた「表現の自由」と「裁判官の独立」
  四 「ちゃぶ台返し」の補足意見
 7 非公開で行われた裁判

第Ⅲ部 変貌する最高裁,揺らぐ裁判所
 1 続出していた不可思議な判決
 2 静かに進行する最高裁判事の「王様」化
 3 「王様」化をもたらす内部的要因
  一 最高裁における憲法判断の手法
  二 多忙ゆえの省略?
 4 最高裁判事はどのように選ばれているか
 5 「裁判官ピラミッド」で起きていること
 6 監視・批判勢力はいま

第Ⅳ部 「司法の民主的コントロール」は可能か?
 1 裁判所の組織防衛術
 2 裁判官の「真の信頼」のために

エピローグ

巻末資料 最高裁「岡口分限決定」全文(二〇一八(平成三〇)年一〇月一七日大法廷決定)
著者岡口基一・著
発行元岩波書店
発刊日2019/03/29
ISBN978-4-00-061331-6
CD-ROM無し
サイズ四六判 (200ページ)

数量: