裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

司法審査の理論と現実(立命館大学法学叢書 第21号)

  • 司法審査の理論と現実(立命館大学法学叢書 第21号)

本体価格:6,000円 (税抜)

販売価格:6,600円 (税込)

日本における違憲審査制の軌跡を踏まえ民主主義との関係でその意義、そして違憲判断、合憲判断の方法と理論を分析、考察する。

【目次】
第1編 日本における違憲審査制の軌跡
第1章 日本における違憲審査制の軌跡――発足から2000年まで
第2章 2000年以降の憲法判例の展開
第3章 2000年以降の最高裁と表現の自由
第4章 違憲審査権行使の積極化と最高裁の人的構成
第2編 司法審査と民主主義
第1章 「司法審査と民主主義」問題の意義
第2章 「司法審査と民主主義」問題への対応策
第3章 「司法審査と民主主義」問題への展望
補章 佐藤幸治教授の司法権論
第3編 違憲審査制の活性化
第1章 違憲審査制の活性化
第2章 司法審査制における下級審の役割――堀越事件を素材として
補章 憲法調査会における憲法裁判所設置論
第4編 違憲審査と違憲判断の方法
第1章 違憲審査の方法
第2章 違憲判断の方法
第3章 憲法訴訟の当事者適格
第5編 合憲性判断の方法
第1章 違憲審査基準論と「三段階審査」論
第2章 表現の自由規制法令の合憲性審査の手法――猿払三基準と比較衡量論
第3章 「厳格な合理性の基準」
著者市川正人・著
発行元日本評論社
発刊日2020/03/26
ISBN978-4-535-52475-0
CD-ROM無し
サイズA5判上製 (447ページ)

数量: