裁判所職員の方の申し込みはこちら
修習生の方の申し込みはこちら

刑法講義総論(新版第5版)

  • 刑法講義総論(新版第5版)

本体価格:4,000円 (税抜)

販売価格:4,320円 (税込)

法学部 ・法科大学院の学生、司法試験受験生必読の基本書。 新版第5版ではやや手薄だった共犯論を強化、 共犯の処罰根拠に関連する箇所を全面的に書き改め、 本書の基調とする「社会秩序維持主義」を理論的・体系的に徹底した。
目   次
新版第5版はしがき
凡 例

第1編 刑法の基礎
第1章 刑法と刑法学… 3
第2章 刑法学の歩み…15
第1節 古典学派と近代学派…15
第2節 近代刑法学の展開…19
第3節 わが国における刑法の歩み…28
第3章 刑法理論…37
第1節 犯罪論…37
第2節 刑罰論…39
第4章 刑法の法源と解釈…49
第1節 罪刑法定主義…49
第2節 刑法の法源…54
第3節 刑法の解釈…64
第2編 犯  罪
第1章 犯罪理論…71
第1節 犯罪の基本概念…71
第2節 犯罪論の体系…75
第3節 行 為…81
第2章 構成要件…89
第1節 構成要件の概念…89
第2節 構成要件要素…98
第3節 構成要件該当性…120
第1款 実行行為の意義…120
第2款 不作為犯…124 第3款 間接正犯…140
第4款 故 意…147
第5款 過 失…178
第6款 因果関係…199
第3章 犯罪成立阻却事由…226
第1節 違法性阻却事由…226
第1款 違法性の概念…226
第2款 違法性阻却…240
第3款 正当行為…243
第4款 正当防衛…271
第5款 緊急避難…294
第2節 責任阻却事由…303
第1款 責任の概念…303
第2款 責任能力…314
第3款 責任要素としての故意と過失…332
第4款 違法性の意識の可能性…334
第5款 期待可能性…350
第4章 構成要件の修正形式…357
第1節 未遂犯…358
第1款 総 説…358
第2款 未遂犯…362
第3款 不能犯…371
第4款 中止犯…382
第2節 共 犯…392
第1款 共犯と正犯…392
第2款 共同正犯…409
第3款 教唆犯…434
第4款 幇助犯(従犯)…443
第5款 共犯と身分…451
第6款 共犯の関連問題…461
第5章 罪 数…476
第1節 犯罪の個数…476
第2節 科刑上の一罪…486
第3節 併合罪…499
第6章 刑法の適用範囲…504
第1節 刑法の時間的適用範囲…504
第2節 刑法の場所的適用範囲…512
第3節 刑法の人的適用範囲…518
第4節 刑法の事項的適用範囲…521
第3編 刑罰と保安処分
第1章 刑罰の体系…525
第1節 刑罰および刑罰権…525
第2節 刑罰の種類…527
第2章 刑の適用…538
第1節 法定刑とその加減…538
第2節 刑の量定・言渡し・免除…545
第3章 刑の執行および執行猶予…551
第1節 刑の執行…551
第2節 刑の執行猶予…554
第3節 仮釈放…559
第4章 刑の消滅…561
第5章 保安処分…567
事項索引…581
判例索引…592
著者大谷 實・著
発行元成文堂
発刊日2019/05/16
ISBN978-4-7923-5276-9
CD-ROM無し
サイズA5判上製 (601ページ)

数量: